ついに?ようやく??待ちに待った待望のカメラ、ニコンD500登場へ

 みなさんこんにちばんは♪( ´θ`)ノ

2016年1月6日、ついに、または、ようやく、ニコンのAPS-Cサイズセンサー搭載デジタル一眼レフのフラッグシップモデル、D500の発表が行なわれました。

これでようやく長きにわたって不在となっていた、ニコンのAPS-Cデジタル一眼レフのフラッグシップの座が埋まりました。

恐らくニコンユーザの多くは、CanonのEOS 7D MarkIIの登場以降、さらに首を長くしてこのカメラを待ち望んでいたことでしょう。D500の内容は、その期待を全く裏切らない、ニコンの本気を感じられるものとなっています。

D500のスペック

イメージセンサーは新開発と思われるAPS-Cサイズ2,088画素のCMOSセンサーを搭載。

マウントはもちろん伝統のニコンFマウント。

映像エンジンには最新のEXPEED 5を採用しています。ISO感度設定は、常用でISO51200まで、拡張設定を使えばISO1640000までの設定が可能になります。

AFセンサーにはプロ用モデルの新型機D5と同じセンサーが採用され、測距点の数は153点に上ります。ただ、このうちユーザーが任意に選択できる測距点は55個となります。

残りの測距点は、CanonのかつてのEOS-1Dが使っていたアシスト測距点のようなイメージのようです。測距点の画面内のカバーエリアは非常に広く、やはりカバー面積でも好評を博しているEOS 7D MarkIIよりもさらに大きくなっているようです。

画面横方向のカバー率は90%程度はありそうです。上下方向にもかなり広がっており、構図の自由度はかなり高そうです。

ほかにもすごいスペックが並びますが、動きモノの撮影をする人には、RAWデータで記録を行なっても200コマの連写が可能という、今の世代のプロ機をも超える驚異的なスペックも注目点かもしれません。

メモリカードスロットはちょっと特徴的な、XQDカードとUHS-II規格対応のSDXCカードのダブルスロットになります。

XQDカードは持ち運べるSSDと言っていいぐらいの高速を誇りますが、まだ普及が進んでいないこともあってその分非常に高価です

アマチュアというよりは、APS-Cの機動性を活かすプロの利用を想定していそうです。

実際、ライバル機となるCanonのEOS 7D MarkIIもAPS-Cセンサーであることのメリットを活かす形で、プロカメラマンにかなり浸透しているようです。

ほかも全く手抜きのない作り込み

最近のニコンのデジタル一眼レフの作りに習って、ボディーはモノコック構造を採用しています。

このためてんこ盛りとも言える内容に比べ、かなり引き締まった小さめのボディーです。その分のサイズの余裕を利用して、チルト式の液晶を採用できたこともトピックの一つでしょう。

また、背面液晶モニタは、プロ機であっても長らく640 x 480ドット程度の解像度のパネルが使われてきましたが、D500はついにこの壁も打ち破りました。

1024 x 768ドットの、いわゆるXGA解像度の高解像度液晶が採用されています。

タッチパネルも採用していて、ライブビュー時のタッチAF、タッチシャッターにも対応します。動画撮影機能も4K 30FPSの記録に対応。フルHDでの撮影時には、電子式の手ぶれ補正も効きます。

本体価格はやや高めのスタート

D500の中身は、まさにニコンの本気を全てつぎ込んだ、といった形で、今までのAPS-Cフラッグシップ機よりも1ランク上のカメラに生まれ変わったような内容になっています。

その分価格は少し高めとなる模様です。ボディー単体で259,000円程度が想定されています。

まとめ

ニコンユーザにとってはまさに待望のD3桁機であり、内容的にはAPS-Cサイズセンサー搭載デジタル一眼レフカメラに求められる性能・機能のランクを一段引き上げさせるような、それぐらいの強烈なインパクトを持ったカメラとなっています。

35mmフルサイズ機の充実で終息もささやかれ始めたAPS-C機ですが、そのメリットを突き詰めればフルサイズ機には出来ない領域もあるんだと言うことを、このカメラが証明してくれるかもしれません。

発売が待たれますね!

それではみなさんよいカメライフを(^^)/~~~

The following two tabs change content below.

ヒロウマ

EOS 6D使いのアラサーの♂です。カメラに関する記事や撮影した写真をアップしていこうと思います。コーヒーが大好き♪( ´θ`)ノ
スポンサーリンク
カメラ1
カメラ1

シェアお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る