デジタルカメラの種類と特徴 〜カメラごとの得意・不得意〜

みなさんこんにちばんは♪( ´θ`)ノ

デジタルカメラは今ではすごくたくさんの機種が発売されています。フィルムカメラの頃には考えられなかったようなタイプのデジタルカメラも登場しています。

コンパクトデジタルカメラや、スマートフォンのカメラから写真の世界に入ってきた方などには、フィルム時代と同じスタイルでファインダーをのぞき込む形で写真撮影するのは、なんだか変なスタイルに見えるのかもしれません。

そんなところまでデジタルカメラは写真の世界を変えてしまいました。

そんなデジタルカメラの中身を見ていくと、大きく分けていくつかのジャンルのカメラに分類することができます。そしてだいたいは、そのジャンルごとに共通のカメラの得意・不得意分野、メリット・デメリットがあります。

ここでは、デジタルカメラの種類やそれぞれのタイプごとの特徴などについて説明します。

コンパクトデジタルカメラ

JS745_kondejisakuratoru_TP_V

フィルム時代のコンパクトカメラと呼ばれたカメラの流れを受け継いでいるのが、コンデジと略される、コンパクトデジタルカメラと呼ばれるタイプのカメラです。元々は一眼レフカメラなどよりもサイズが小さいことからこの名前がついています。

デジタルカメラ時代になっても同じ流れでこの名前が使われてきました。

カメラの大きさを小さくするため、デジタルカメラでは光を感じるためのパーツである「イメージセンサー」に、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフよりもサイズの小さなものが使われることが多くなっています。

デジタルカメラの世界では、「イメージセンサーのサイズが大きければ大きいほど画質が良くなる」という絶対の法則がありますので、コンパクトデジタルカメラはいつでも持ってあるける小ささを実現できた代わりに、写真の画質の面でハンデを持つことになっています。

最近はミラーレス一眼のサイズがとても小さくなりましたので、コンパクトデジタルカメラとの線引きがちょっぴり面倒になってきています。このためサイズの大小にはあまりこだわらず、レンズを交換できないカメラをコンパクトデジタルカメラと呼ぶ流れとなりつつあります。

コンパクトデジタルカメラには、さらにいくつかのより細かなジャンル分けがあります。以下でもう少しそれを詳しく見ていきましょう。

普及型コンパクトデジタルカメラ

実は今、デジタルカメラのジャンルの中で一番元気がないのがこのカメラたちです。デジタルカメラの中では、一番小さなクラスのイメージセンサーを採用しています。

イメージセンサーはサイズが大きくなるとその分値段も跳ね上がる部品ですので、このクラスのカメラが一番お手頃な価格を実現できます。

その代わり、今はスマートフォンでもこのクラスのカメラと同じセンサーを搭載する機種が増えていますので、画質の面でスマートフォンに追いつかれてしまっています。

あとから写真を使うときの便利さでは、デジカメはスマートフォンにはかないませんので、このジャンルのカメラはいまメーカー側でも製品展開などが縮小傾向にあります。

このタイプのカメラの代表格にはCanonのIXYシリーズがあります。IXY640が現行の上位機種になります。

高級コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラの中では一回り大きめのイメージセンサーを採用。画素数も控えめにして、コンパクトデジタルカメラの中でも画質を追求したタイプのカメラが、高級コンパクトデジカメと呼ばれてきました。

デジタル時代の写真は画素数も大事な要素の一つですが、それだけではなく画素1つ1つの「」も写真の見栄えに大きく関係してきます。このため、無理に画素数を増やすと逆に画質は低下しかねません。

このジャンルのカメラは、この部分でバランスを取ろうとしたカメラでもあったわけです

今ではより大きな1型センサーや、ミラーレス一眼、デジタル一眼レフと同等の大きなイメージセンサーを採用する機種も登場しています。

ここまでイメージセンサーが大きくなると、スマホのカメラで撮った写真とは全く次元が異なるぐらいの写真が仕上がりますので、メーカーとしても違いを打ち出しやすく、ユーザーとしても持ち運びに便利で高画質、というわかりやすいメリットがあることもあります。

今、デジタルカメラ界隈では、一番盛り上がりを見せているジャンルかもしれません。ただ名前の通り、普及型のデジカメよりもお値段はかなり高めです。

代表的な機種には、SONYのサイバーショットDSC-RX100シリーズや、CanonのPowerShot G7X、G9Xなどがあります。

旅カメラ

本来のコンパクトデジカメのサイズにズーム倍率が20倍とか30倍と言ったレンズを、まさに詰め込んだようなカメラがこのジャンルのカメラです。

小さなイメージセンサーを使っていても、ズームレンズのついていないスマホカメラと一番簡単に差別化ができると言うこともあって、今でも小さなイメージセンサーを採用するカメラの1ジャンルとして人気のある機種です。

旅先で出会うほとんどすべてのシチュエーションに対応できるだけのレンズがついていますので、小さなカメラ一つで出かけられます。荷物を小さく軽くでき、旅行との相性抜群という意味で「旅カメラ」という二つ名がついています。

ただし、イメージセンサーは普及型のコンパクトデジカメと同じものが使われていますので、画質の面では少し割り切りの必要なカメラです。その代わり、このカメラ1台でほとんどすべての被写体・シーンに対応できます。

現行の代表的な機種は、SONYだとサイバーショットWX500CanonならばPowerShot SX710 HSパナソニックだとルミックスDMC-TZ70あたりになると思います。

ネオ一眼

レンズの交換できないコンパクトデジカメの1種でありながら、外観が標準ズームレンズを付けたデジタル一眼レフカメラのような見た目をしていることから名付けられたカメラのジャンルです。

内容的には、旅カメラに近いものがありますが、旅カメラ以上に高倍率のズームレンズが搭載されているのが特徴です。最新機種では、ズーム倍率が80倍を超える、いい意味で「化け物」と呼べそうなカメラまで登場しました。

このジャンルのカメラにも高級コンパクトデジカメのような、大型イメージセンサーが導入される流れが始まっています。

さすがに小さなイメージセンサーを採用するようなカメラほどの驚異的なズーム倍率を誇るレンズを搭載するカメラはありませんが、ズーム倍率が10倍から20倍を超えるようなレンズを搭載するカメラが登場しています。

画質面でもかなりの高画質で写真を撮ることができ、カメラ本体だけでとても広い範囲の被写体に対応できる、使い方によっては最強のデジカメにもなりそうな機種も現れています。

小さなイメージセンサーで驚異的なズーム倍率を実現したネオ一眼の代表格は、ニコンのCOOLPIX P900です。一番望遠側までズームすると、月が画面いっぱいに近いサイズになるような写真を撮れます。

1型センサー採用のネオ一眼の代表格は、CanonのPowerShot G3XパナソニックのLUMIX FZ1000SONYのサイバーショットDSC-RX10M2あたりになると思います。

デジタル一眼レフ

TSU852_ichiganrehurensyu_TP_V

デジタル一眼レフカメラは単純に言うと、フィルム時代の一眼レフカメラのフィルムがあった部分をイメージセンサーに置き換えたような仕組みになっています。中身的には、一番古いカメラと言えるかもしれません。

デジカメ時代の今では、このカメラの最大の特徴になったのは、電子式ではない、光学的なファインダーを持つところです。レンズを通ってきた像を電子回路を通すことなく直接見ることができますので、ファインダー像の表示が遅れることが一切ありません

大きなイメージセンサーと、高速で正確な自動ピント合わせ(オートフォーカス)機能を持つのも特徴です。これらのカメラの特徴から、スポーツなど動く被写体の撮影には今でも最も強いカメラです。スポーツ写真を撮るプロカメラマンは、100%と言っていいほどデジタル一眼レフを使います。

大きなイメージセンサーを使っている分、ミラーレス一眼と並び、画質の点ではデジタルカメラで最高のものになります。

ただし、カメラの中身の仕組みがその他のデジカメよりもかなり複雑になりますので、本体が大きく重いのが難点の一つです。

プロ用カメラの、Canon EOS-1DXニコンD4sなどが代表格となります。どちらもオリンピックイヤーの今年は後継機が出るはずです。

一般ユーザー向けでは、CanonのEOS Kissシリーズなどが有名ですね。

ミラーレス一眼

JS721_sakurawotorujyosikame_TP_V

デジタル一眼レフでは、光学式のファインダーに光を導くために光の通り道を曲げる鏡(ミラー)が本体の中に入っています。デジタルカメラでファインダーを電子化すると、この仕組みが不要になります。

このため、デジタル一眼レフと同じように大きなイメージセンサーを採用するレンズ交換可能なカメラで、光学式のファインダーを持たないカメラを「ファインダー用の鏡がない」と言う意味でミラーレス一眼と呼ぶようになりました。

レンズが交換可能になっているだけで、カメラの仕組み的にはコンパクトデジカメと同じ仕組みになっています。

レンズが交換できて目的に添った高性能なレンズが使えること、大きなイメージセンサーを採用して基本的な画質が非常に高いことが、コンパクトデジカメとの大きな違いです。

ここ数年で一番、機能・性能が大きく伸びたカメラの一つかもしれません。デジタル一眼レフよりもかなり小さなサイズで同等の画質を得られるカメラです。

パナソニックではLUMIX GX8など、SONYではαシリーズのカメラが全てミラーレス機です。オリンパスのpen、EMシリーズFUJIFILMのレンズ交換式カメラも全てミラーレス一眼です。

その他のデジタルカメラ

そのほかにはちょっと変わり種で、リコーが360度全ての範囲をいっぺんに撮影可能な、THETAという名前のカメラを出していたりします。

これは、180度の範囲を写し込める魚眼レンズ装備の2つのカメラの映像を合成することで、360度全天を撮影可能にしています。

デジタルカメラならではのカメラの一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デジカメ選びに迷っている初心者の方の参考になれば嬉しいです。デジカメは新発売されたころは高いですが、型落ち間近になってくるとガクンと値段が落ちます。

買ったあとは思いっきり撮影を楽しんで、値段のチェックはやめましょう(笑)

それではよいカメライフを(^^)/~~~

The following two tabs change content below.

ヒロウマ

EOS 6D使いのアラサーの♂です。カメラに関する記事や撮影した写真をアップしていこうと思います。コーヒーが大好き♪( ´θ`)ノ
スポンサーリンク
カメラ1
カメラ1

シェアお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る